トップページ

    このサイトではMINIの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「MINIの買取相場を調べて高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを思っているならこのページに掲載しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    ドイツ車のMINIを高く売るために外せないのが「いくつかの車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1社の車買取店だけとか近所のMINI正規ディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は絶対に損をするので気を付けてください。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるので簡単です。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することが可能なので、MINI(ミニ)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーといわれるくらい知られているので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社へMINIの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡はありません。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「MINIを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今あなたが乗っているMINIの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札金額を提示するので、ドイツ車のMINIを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社からのみ!電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    MINIの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もかからずに入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのMINIの買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社のみで売却を決めずに、複数の業者に査定を依頼することで数年間乗ったMINIでも高額買取が実現します。

    最大10業者がドイツ車のMINIの見積もりをしてくれるので、高額査定をしてくれた業者にあなたが大切に乗ってきたMINIを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社がBMWのMINIを査定します。

    できるだけ多くの会社に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較してみることができるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年愛用したMINIを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポート体制も充実していますので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、年間取扱台数は外車のみで1500台。全国対応で出張査定は無料です。

    外車王は輸入車や外車に特化した外車買取店なので、輸入車のMINIであれば一般の買取店より高額査定が実現することも多いです。
    なので、ドイツ車のMINIなら最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して査定相場を調べてみてください。

    いくつかの買取店に見てもらった後で、最後に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたMINIを売りましょう。






    車買取コラム

    中古車を査定してもらうときに、ちょっとでも高値で査定してもらいたい場合、取り敢えず査定するのではなくて、直ぐに売りたいという気持ちを強くアピールすることです。

    暇つぶしに査定はしてもらうがおそらく直ぐには車を手放さないだろうという売り手よりも、査定額に納得すれば今日明日中に売却予定ですという人の方が買取業者にとっては有益に違いありません。

    即決の意志があると知ったならば、他店に行かれないようにきっと見積金額を高くしてくれるでしょう。

    ネット上の中古車一括査定サイトなどを使って確認できる査定額は、詳細な査定基準ではなく簡易的に導いた金額になっています。

    同じ年式の同じ車種だったとしても、個々の車によって状態は違って当然ですから、その車ごとの査定額はその中古車を目前でチェックしなければ分からないのです。

    このような事情から、Webで確認した査定相場と同一の金額が本当の買取金額になるわけではないので、前もって知っておくと良いでしょう。

    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、ゼロ円査定になってしまうこともあるでしょう。

    例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    幾つかの中古車販売店で査定をお願いしても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、普通の買取店舗ではない廃車専用の業者に買い取り依頼することもできますから、買い取ってもらうことを断念する事はないのですよ。

    個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、ディーラーによる下取りか、中古車買取業者への売却です。

    中古車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで競争を促し、高い買取額を狙うというのもありです。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合はどことも競う必要がないため、競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。

    状況に応じて選ぶと良いでしょう。

    もしチャイルドシートをつけたままの自動車を売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。

    実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすら無関係なのが普通だからです。

    ただ、チャイルドシートというのはユーズド品でも人気のある商品なので、取り外してからリサイクルショップなどで売れば値段がつかないということはありませんし、美品のブランド製品などはなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、いわゆる過走行車という扱いになり、一般の中古買取店などで査定してもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、多(過)走行車や事故車を専門に扱う中古車屋に打診するというのもありです。

    さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしては「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    車売却の際にたまにあるケースとして、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げる場合があります。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならば責任があるのは自分側です。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、見積もりを出すときにきちんと確認しなかった方が悪いのですから、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、自動車の売買は個人同士でした方が業者を介さないので最も得をする売り方でしょう。

    一般人同士が車の売買をするときにトラブルを引き起こしやすいのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    前者については、双方が決めた月日までに必ず手続きをしてもらうように紙に書き示すことでトラブル回避可能です。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとして二回目以降は支払いが滞ることがないように、原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。

    場合によるのですが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    一個人が持っている車であり、いつも通勤するために使っていた車ならば所得税はかからないようになっています。

    使用目的がレジャー等でも使うということになると、所得税を支払う可能性もあります。

    具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、わからないときには確定申告をするときに申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。